白髪染めの仕組み

白髪染め剤といえば、白髪を染めるものなのですが、染めるということはわかっていても、実は白髪染め剤の成分や仕組みのことはよく知らないという人も多いのではないでしょうか?

白髪染め剤はどんな風に髪を染めて行くのでしょうか?

白髪染め剤の仕組みを知っておけば、自宅で白髪染めをする際に上手に染めることができるかもしれません。

ぜひ、白髪染め剤の仕組みをチェックしてみてください。

白髪染め剤には幾つかのタイプがありますが、ここでは最も一般的な一剤と二剤に別れているヘアカラータイプの白髪染め剤について説明してみます。

まず、白髪染め剤の一剤について。

この一剤というのは酸化染料とアルカリ剤という成分でできている薬剤になります。

酸化染料というのは、白髪を染める色の成分で、ジアミン系の成分となっています。

アルカリ剤は染料を髪の内部に浸透させるためにキューティクルを開く役割があります。

そして、二剤には酸化剤が含まれていて、一剤の染料の発色を良くする働きがあります。

これらの一剤と二剤を混ぜ合わせることで髪を染めることができます。

最近では既に混ぜ合わせた白髪染め剤なども販売されていますが基本的にはこの一剤と二剤によって、出来上がっています。

白髪染め剤というのは、アルカリ剤でキューティクルを開き、酸化染料を髪の内部に色を浸透させ、酸化剤で髪の脱色をして、酸化染料をきれいに発色させ白髪を染めるという仕組みになっています。