白髪染めのトラブル

Posted on

白髪染めは、白髪をきれいに染めてくれる優れものなのですが、中には白髪染めによるトラブルも少なくありません。

セルフの白髪染めではなく、美容室であってもトラブルがある場合もあるので注意が必要です。

白髪染めによるトラブルで一番多いのは、頭皮トラブルです。

髪を染めた後に頭皮がひりひりしたり、かゆみがあったり、湿疹が出るという人もいます。

ヘアカラータイプの白髪染め剤には化学染料が使用されているために、肌の弱い人などはあまりおすすめではありません。

ヘアマニキュアタイプなどの刺激の少ない白髪染めがおすすめです。

また、染料が頭皮についていることで肌にトラブルが起こることもあります。

できるだけ頭皮に付かない様に塗布する必要があります。

事前にバッチテストをしておけば、トラブルを避けられることもあります。

その他、白髪染めによるトラブルは髪のダメージがあります。

ヘアカラータイプの白髪染めは一度キューティクルを壊して染料を浸透させるため、その後キューティクルが元に戻れるかといえば、完全に元通りに戻ることは難しく、結果的に髪を傷めてしまいます。

髪はぼさぼさになったり、枝毛になったり、切れ毛になったりとダメージを受けます。

白髪染めによるダメージはトリートメントをしっかりしてケアが必要です。

白髪染めは髪をきれいに染める分、髪や頭皮にダメージを与えるリスクもあるので、使用する種類や頻度に注意をしなくてはなりません。

【check】「白髪染めダメージ」から美髪を守るテク3つ