白髪染めの種類

Posted on

白髪染め剤というのは、幾つかの種類があります。

酸化染料や酸化剤が含まれているいわゆる白髪染め剤の他にもあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

自分の目的にあった白髪染め剤を選んで使用する様にしましょう。

酸化染料や酸化剤が含まれている白髪染め剤はヘアーカラータイプと言って市販されている白髪染め剤はほとんどこのタイプになります。

ヘアカラータイプは効果が長持ちするというメリットがありますが、髪を傷めやすいというデメリットがあり、敏感肌の人では頭皮にトラブルが起きてしまうということもあります。

ヘアカラータイプとは基本的に異なるヘアマニキュアタイプもあります。

ヘアマニキュアタイプというのはヘアカラータイプの様に髪に色を浸透させるのではなく、染料を髪の表面に付けるというタイプの白髪染め剤です。

髪を色のついたものでコーティングすると言ったイメージで、髪や頭皮に優しい白髪染め剤です。

一時的に髪を染めるものとしてカラースプレーやカラーマニキュアなどもあります。

これらは気になる箇所に色をつけることができるもので、即時に髪色を変えることができますが、シャンプーをすることできれいに洗い流されてしまうので、持続した染めにはなりません。

その他、シャンプーやトリートメントタイプの白髪染め剤もあります。

毎日の洗髪に使用することで白髪を染めて行くことができます。

いきなり髪が染まるのではなく、徐々に髪が染まって行くという特徴があります。